スマートフォンでインターネットを閲覧しすぎると、

通信制限により速度が低下することがありますが、その制限を少しばかり先延ばしに出来る方法があります。

 

それはインターネットブラウザ「Google Chrome」を使う方法です。

勿論、ただ使うだけでは、通信制限のかかりやすさに変わりはありません。

 

帯域幅の設定をオンにすることで、データ使用量が圧縮されます。

 

閲覧しているサイトにもより、画像の閲覧が制限されるなどの問題点もありますが、

必要最低限の情報を閲覧したいと言う人にはとっておきの方法です。

 

OS標準のブラウザでは、通信制限を防げる方法が無く、

他ブラウザでも目立った方法がないことから、現時点では唯一無二のデータ使用制限回避方法とも言えます。

 

しかしこれは、あくまでデータ使用量及び帯域幅の圧縮であり、完全なデータ使用制限の回避には至りません。

 

日頃からWebサイトの閲覧時間を見直したり、

外出先などではWi-fiの無料スポットを有効活用したりとユーザーが、

各々でデータ使用量の節約を講じることが何より大切かと思います。

 

私もこの帯域幅の圧縮方法を知らずに使い続けていたら、今でも毎月の15日ほどは通信制限に苦しんでいたと思われます。

 

スマートフォンの通信利用は節度を持ってするのが良いでしょう。